WordPressブログ開設時に導入すべきプラグイン10選!アドセンスアフィリ向け解説付き!

目安時間:約 26分

以前の記事でWordPressプラグインのインストール方法とJetpackプラグインの解説を初心者向けに行いました。

 

WordPressプラグインのインストール方法解説!Jetpackプラグインで実例紹介!

 

プラグインはWordPressでのブログ運営をより効率的に助けてくれる、便利なお役立ちツールの役割をしてくれます。

 

ただ、必要以上に多くプラグインを入れ過ぎてしまうと、動作が重くなってしまう原因にもなりますので、使わないプラグインは削除したり、必要なければインストールしない事が重要です。

 

なので、便利だからといってなんでもかんでもプラグインをインストールするのではなくて、自分に必要なプラグインなのかどうか見極めながらインストールして頂ければと思います。

 

そうは言っても、WordPress初心者の方は、何をインストールすればいいのかさっぱり分からない場合もあるでしょう。

 

そこで、今回はWordPressブログを立ち上げた際に私が必ず入れるプラグインを厳選してご紹介していきたいと思います。

 

(※私が使っているプラグインしかご紹介していませんが、バグや動作は保証出来ませんので、自己責任の元インストールされて下さい。)

必ず導入したい!必須WordPressプラグイン10選

これから紹介するWordPressプラグインは、私は必ずといっていい程導入しているプラグインです。

 

多くのメディアでも取り上げているような必須のプラグイン情報ばかりですが、簡単な解説も併せて参考にして頂ければ幸いです。

Jetpack by WordPress.com

プラグイン名:Jetpack by WordPress.com
作成者: Automattic

『Jetpack by WordPress.com』プラグインはこちらの別記事でもご紹介していますが

私は最初に必ずインストールするプラグインです。

 

WordPressプラグインのインストール方法解説!Jetpackプラグインで実例紹介!

 

Jetpackプラグインは簡易的なアクセス統計情報がWordPressの管理画面から確認する事ができたり

 

TwitterやFacebookなどのSNSへ記事更新を自動で連携して共有してくれる機能も備わっています。

 

なによりも便利なのが複数のブログが一括で管理出来る専用の管理画面が連携されるので、ここから一気に複数のブログのプラグインをインストールしたり削除する事が可能になります。

 

個人的にこの機能があるおかげで、複数のWordPressのプラグイン管理が格段に効率アップしましたので、絶対に最初に入れるべきプラグインとして強くオススメ致します。

 

Akismet Anti-Spam

プラグイン名:Akismet Anti-Spam

作成者: Automattic

『Akismet Anti-Spam』プラグインはその名の通りスパム対策のサービスを行うプラグインです。

 

WordPressブログを長く運営していると否応なしに必ず、スパムコメントが毎日のように投稿されるようになります。

 

当ブログの運営期間は現在まだわずか1か月程ですが『Akismet Anti-Spam』プラグインが捕捉したスパムコメントは既に28件になります。

 

(こちらの画面はWordPress管理画面『ダッシュボード』から確認する事が出来ます。)

 

ブログ開設から日が浅くとも1日1件ほどスパムコメントが届きました。

 

これが多いのかどうか分かりませんが、『Akismet Anti-Spam』プラグインをインストールし有効化されていれば、上記画像のように保護されます。

 

ですので、やらないよりかは確実に導入したいプラグインになります。

All in One SEO Pack

プラグイン名:All in One SEO Pack

作成者: Michael Torbert

『All in One SEO Pack』プラグインはSEOに関する様々な設定が行えるプラグインになります。

 

個人的な使い道としては、GoogleアナリティクスやSearchConsole(旧Webマスターツール)との連携に活用しています。

 

WordPressのテーマ次第ではこれらの設定も可能ですが、仮に途中でWordPressテーマを変更するとなった場合設定がリセットされてしまうので

 

念のため私は最初からこの『All in One SEO Pack』プラグインで設定しています。

 

ちなみに『All in One SEO Pack』プラグインではXMLサイトマップ送信も行える設定が装備されていますので

 

『Google XML Sitemaps』プラグインを使われている方は『All in One SEO Pack』に切り替える選択肢もいいかもしれません。

 

他にもFacebookやTwitterといったSNSの連携機能も装備されていますので、非常に多機能で便利なプラグインです。

 

『All in One SEO Pack』プラグインも必ず導入しておきましょう。

 

EWWW Image Optimizer

プラグイン名:EWWW Image Optimizer
作成者: Shane Bishop

『EWWW Image Optimizer』プラグインは、画像のファイルサイズを自動で圧縮してくれるプラグインです。

 

画像が増えすぎることは、ブログ全体の動作が重くなる原因にもなり、SEO的にもユーザビリティ的にも評価が悪くなってしまいます。

 

EWWW Image Optimizerプラグインを使う事で、ブログの重さを多少軽減させる効果が期待する事ができるので可能な限り導入したいプラグインとなります。

 

WebSub/PubSubHubbub

プラグイン名:WebSub/PubSubHubbub
作成者: Matthias Pfefferle

『WebSub/PubSubHubbub』(読み方:パブサブハバブ)プラグインは、あなたがブログやサイトで記事を投稿した際に、Googleに通知してくれるプラグインとなります。

 

個人的には以前まで『PuSHPress』という同様のプラグインを活用させてもらっていましたが、

 

『WebSub/PubSubHubbub』と『PuSHPress』は同じ機能を持つプラグインなので、どちらか一つ選択されるといいでしょう。

 

これらのプラグインのメリットとして

 

・更新した記事がキャッシュされやすくなる

・あなたの記事が他サイトに盗用されても、あなたが著作主である事をGoogleに主張できる

 

どこまでGoogleが対応に機能しているかは分かりませんが、導入しないよりかはした方がいいプラグインですので可能な限り導入しておきましょう。

PS Auto Sitemap

プラグイン名:PS Auto Sitemap
作成者: Hitoshi Omagari

『PS Auto Sitemap』プラグインは、サイトマップ情報を自動生成してくれるプラグインです。

 

簡単に説明すると、下記のようなサイトマップページを作ることが出来ます。

このサイトマップページは『PS Auto Sitemap』プラグインを活用し、新たに記事が増えても自動的に追加されていきます。

 

手動で毎回記事のタイトルとリンク付けをしていったら大変ですよね。

 

ですので楽をしながら目次ページ(サイトマップ)を作りたい方は導入しておきたいプラグインです。

 

メディアの規模が大きくなればなるほどに、サイトマップページは重要な役割になります。

 

例えるなら大型商業施設で迷ったりしない為のフロアガイドのようなイメージがサイトマップページです。

 

どこに何の記事があるのか、迷ったらサイトマップを見れば目的のページに早くたどり着くことが出来ます。

 

SEOや訪問者のユーザビリティにも効果が期待できるので是非最初の段階から導入しておきましょう。

TinyMCE Advanced

プラグイン名:TinyMCE Advanced
作成者: Andrew Ozz

『TinyMCE Advanced』プラグインはWordPressブログで記事を執筆する際には必要不可欠といっても過言ではないプラグインです。

 

このプラグインは記事エディタ上(ビジュアルモード)での補助的な位置づけではありますが、既存の機能にはない便利な編集ボタンがあなた好みにカスタマイズする事が出来ます。

出典:https://bazubu.com/tinymce-advanced-23845.html

 

あなたが使いやすい位置にボタンを変更したり、デフォルトではない「フォントサイズ」や「背景色」ボタンも追加する事が出来るようになります。

 

ブロガーやアフィリエイターであれば必ず入れているプラグインではないかという程の便利で定番のプラグインなので

 

これから記事作成をするのであれば、絶対に入れておきましょう。

AddQuicktag

プラグイン名:AddQuicktag

作成者: Frank Bültge

『AddQuicktag』プラグインもつい先ほどご紹介した『TinyMCE Advanced』と同様、記事作成に役立つ効率化プラグインとなります。

 

AddQuicktagプラグインはよく使うHTMLタグをあらかじめ登録する事によって、記事編集画面からいつでも呼び出す事が出来ます。

 

(例)下記はクイックタグの編集イメージ画面

 

登録されたクイックタグは記事作成画面からボタン一つで簡単に呼び出す事が可能になります。

毎回HTMLを入力する手間を省きたいという方は是非『AddQuicktag』プラグインを導入する事をおススメします。

Category Order

プラグイン名:Category Order
作成者: Wessley Roche

『Category Order』プラグインはカテゴリーの順番を入れ替えるプラグインです。

 

既存の機能ではなぜかカテゴリーを自由に入れ替える事が機能が存在しません。カテゴリーを作成した順番でしか表示されないので

 

記事数が増えていった時に、途中でカテゴリーを追加したくなる時もありますよね。

 

ですが自由にカテゴリの順番を変える事が出来ない為、まとまりがなくバラバラな印象になってしまいます。

 

それを防ぐ為に『Category Order』プラグインの機能が有効です。

 

『Category Order』は自由にカテゴリの表示順番をドラッグ&ドロップで手軽に変える事が出来るので非常に重宝しています。

 

100記事以上入れるようなパワーブログを構築予定であれば、後々にカテゴリを追加するようなケースも出てくるでしょうからインストールしておいた方がいいでしょう。

 

※WordPressの他プラグインとの干渉によっては動作しない場合があります。

そういった場合は『Category Order and Taxonomy Terms Order』という同様のプラグインがありますのでそちらも試してみるといいでしょう。

Contact Form 7

プラグイン名:Contact Form 7
作成者: Takayuki Miyoshi

『Contact Form 7』プラグインは問い合わせフォームの機能を持つプラグインです。

 

特に説明する必要もないかと思いますがイメージとして下記のような問い合わせページを作成するときに役立ちます。

今は無料・有料WordPressテーマに標準装備されている事もあるので、使う頻度としては以前より落ちましたが

 

標準装備されていない場合や、より細かな設定をしたい場合にはこの『Contact Form 7』プラグインを導入しておきましょう。

 

アフィリエイトブログを運営しているのであれば問い合わせフォームの設置は必須と考えて下さい。

 

ちなみにこのプラグインではお問い合わせ後の返信文や、細かな設定も可能になりますので必要であれば活用して下さい。

必須ではないが必要に応じて導入しよう!お役立ちWordPressプラグイン6選

ここからご紹介するプラグインは、必須ではないが、必要に応じて導入して欲しいプラグイン6選になります。

 

臨機応変に導入するイメージです、例えばお使いのテーマによって、自動でアイキャッチ画像の登録が出来るのであれば『Auto Post Thumbnail』というプラグインは不要ですし、

 

例えば、WordPressのバックアップを取りたい時にだけ『BackWPup – WordPress Backup Plugin』プラグインを導入し、使い終わったら削除する選択肢でもいいでしょう。

 

個人的にはこれから紹介するすべてのプラグインも導入する事もあります。

 

ただ、使いもしないプラグインを無駄にインストールするのはブログが重くなる原因になり、プラグイン同士で干渉し不具合が起きる可能性がありおススメしません。

 

WordPressブログを運営していく中で、必要と感じたプラグインだけ積極的にインストールしていきましょう。

 

それでは+6つのプラグインを紹介していきたいと思います。

Auto Post Thumbnail

プラグイン名:Auto Post Thumbnail
作成者: Aditya Mooley , Tarique Sani

『Auto Post Thumbnail』プラグインは、アイキャッチ画像を自動で生成してくれる便利なプラグインです。

 

記事編集画面から通常であれば手動でアイキャッチ画像の設定を行わなければいけません。

これが毎記事毎に設定しなければならないので、地味にめんどくさい作業だと思いますが

 

しかし、『Auto Post Thumbnail』プラグインをインストールし有効化する事によって、自動でアイキャッチ画像を設定してくれるんですね。

 

そして導入後は1枚目に配置した画像がアイキャッチ画像として設定されます。

 

トレンドブログのジャンルのような場合であれば非常に効率化が図れるプラグインなのでおススメです。

 

(WordPressテーマによってはAuto Post Thumbnailプラグインを導入せずとも自動でアイキャッチ設定してくれるテーマもありますので、その場合はわざわざ『Auto Post Thumbnail』プラグインをインストールする必要はありません)

AddToAny Share Buttons

プラグイン名:AddToAny Share Buttons
作成者: AddToAny

『AddToAny Share Buttons』プラグインはSNSのシェアボタンを表示してくれるプラグインになります。

 

テーマによっては標準装備されていますし、最初に紹介したJetpackプラグインでもこのような機能は搭載されていますが、

 

各SNSのボタンデザインが気に入らないという場合にはこちらの『AddToAny Share Buttons』プラグインを試されてもいいかと思います。

 

個人的にもこのプラグインは活用していますし、当ブログにも導入しています。

 

記事下のパーツを見て頂ければ分かるかと思いますが下記のようなSNSボタンが配置されています。

SNSボタン一番右の+マークにカーソルを合わせると他のシェアサービスも展開されるので、試しにこの記事が参考になりましたらポチっとシェアしてみて下さい(笑)

 

かわいいデザインなのでとても気に入っています。

WordPress Related Posts

プラグイン名:WordPress Related Posts
作成者: Sovrn, zemanta

『WordPress Related Posts』プラグインは、記事下に配置されるプログパーツで関連記事を表示してくれます。

 

お使いのテーマに既に実装されている機能があればこのプラグインは不要ですが、個人的に非常におススメのプラグインです。

 

当ブログの機能では関連記事パーツが実装されているので、使用していませんが、無料テーマを使っていた時期はよく活用させて頂いていました。

 

様々な表示形式の設定もできるので、ブログ内循環を効率的に施したい場合は是非使ってみて下さい。

BackWPup – WordPress Backup Plugin

プラグイン名:BackWPup – WordPress Backup Plugin
作成者: Inpsyde GmbH

『BackWPup – WordPress Backup Plugin』プラグインはそのまんま名前の通り、WordPressのバックアップツールになります。

 

ブログ運営を行っていく上で作成した記事というのは収益を生み出してくれる大切な命のようなものですよね。

 

不測の事態に備えて定期的にバックアップをとる事を強くオススメしています。

 

例えば、私の失敗経験でもあるのですが、あるブログのドメインの有効期限を切れていたにも関わらず呑気にWordPressの管理画面に入りバックアップを取ろうとした時のお話。

 

察しの良い方ならこの時点でお分かりかと思いますが、時すでに遅しで、ドメイン期限の切れたWordPressブログの管理画面ページに入る事すら出来ないんですね。

 

ドメイン切れを起こしている訳ですから当然といえば当然のお話なのですが、何も知らなかった初心者の私はしばらく呆然としました。

 

あまり力を入れていなかったブログでしたので、すぐに気持ちを切り替えられましたが、データを取り出すにはサーバーに頼んで別料金を支払うしかない状態でした。

 

その時点でもう私は記事データの復旧は諦めましたが、もし事前にこの『BackWPup – WordPress Backup Plugin』プラグインでバックアップを取っていれば、この失敗はありませんでした。

 

ですので、同じような経験で後悔しないように、定期的にバックアップをとって頂く事をおススメします。

Quick Adsense

プラグイン名:Quick Adsense
作成者: Quicksense

『Quick Adsense』プラグインはアドセンスブログを運営していく場合に強力なプラグインとなってくれるでしょう。

 

私はアドセンスを貼り付けたトレンドブログを運営する際は必ずこのQuick Adsenseプラグインを活用しています。

 

あなたがお手持ちのテーマにアドセンスコードを貼り付けられるウィジェットが豊富であればこのプラグインは不必要かもしれませんが

 

広告ウィジェットが無かったり、テーマを色々試して頻繁に変える場合は『Quick Adsense』プラグインを使用する事をおススメします。

 

(通常テーマを変更するとウィジェットの設定も、一から新たなテーマで設定しなおさなければなりません。)

 

※アドセンスコードの日本語(スポンサードリンク)の文字化けがまれに起きる場合がありますが、3年程私は使わせてもらっているプラグインなのでおススメしています。

Per page add to head

プラグイン名:Per page add to head
作成者: Erik von Asmuth

『Per page add to head』プラグインの使い方は、私個人としては一つ前にご紹介した『Quick Adsense』の使い方と非常に似ています。

 

Googleアドセンスの広告で「ページ単位の広告」という種類の広告フォーマットがあるのはご存知でしょうか?

 

スマホで見た時に出てくる画面下の小さなバナー画像。あと別ページに移管する瞬間に現れる画面いっぱいのウザい?広告。(笑)

 

あの設定をするのには、多少のHTMLの知識が必要なのですが、この『Per page add to head』プラグインを使う事で

 

HTMLやテーマの編集知識がなくても非常に簡単に設定する事が出来ちゃうプラグインです。

 

HTMLのコードを極力いじくりたくない、私のようなめんどくさがり屋には非常におススメのプラグインです。

 

トレンドブログを運営するにあたって強力なプラグインとなる事でしょう。

まとめ

必須プラグイン(10選)+お役立ちプラグイン(6選)をまとめてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

 

何度も言うように過度なプラグインのインストールはブログを重くしたり、WordPressの管理画面が真っ白になる原因の一つでもありますので

 

不要なプラグインは削除するなり、定期的に見直していく事をおススメしています。

 

ここで紹介した数の倍以上のプラグインを1つのブログにインストールしてきた私としては幾度となくWordPressの管理画面も真っ白にしてきて乗り越えてきましたが

 

初心者の頃は冷や汗かくくらい焦ってテンパりますので

 

頭の片隅には「不要なプラグインはインストールしない」その意識は持っておいてもらった方が損はないでしょう。

 

少しでもこの記事が参考になって頂けたら幸いです。

 

 

今回の記事はあなたのお役に立てましたでしょうか?

 

私がん助は、アフィリエイトや外注化に関するメールマガジンを無料で発行しています。

 

ブログでは公開できないような、アドセンスで月5万~10万円以上稼げる情報をメルマガで読んでみたくありませんか?

 

ハッキリ言ってネット上には転がっていないような、秘匿性の高い情報をお届けしています。

月5万以上本気で稼いでみたい方だけ今すぐ無料登録してみて下さい。

 

詳しくは下記をクリックして詳細を確認して下さい▼

この記事をシェアする▼


コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
サイト内検索
がん助のプロフィール

名前 : がん助
年齢 : 30代
職業 : 工場勤務のルート営業
出身地: 神奈川県

 

がん助(がんすけ)のアフィリエイト実践ブログへ訪問いただきありがとうございます^^

 

現在、私は普通の会社員をしながら副業でアフィリエイターとしても頑張っています。

 

【がん助のアフィリエイトストーリー】

2014年11月アフィリエイト開始

 

トレンドブログ開始後3カ月で月10万円達成し某ブログアクセスランキング第3位を経験。

 

コツコツと作業を継続しながら現在はトレンドアフィリエイト×外注化戦略で報酬を伸ばし続けています。

 

現在アフィリエイト総収益が200万円を達成しました。

 

当ブログやメルマガ配信で有益な情報やこれまでの失敗談を全て語っていこうと思います!

 

詳しいプロフィールはこちら

 

➡プロフィール

 

ブログランキング上位目指して頑張っています。
応援して頂けると嬉しいです^^

今何位かチェックする▼

ブログノウハウランキング

最近の投稿
よく読まれている記事
カテゴリー
アーカイブ